ばんしーのブログ

マネー情報(投資・金融)、ビジネス、IT関連、ゲーム、YouTubeなど、何でもありな雑記ブログです

雑記

「急性低音障害型感音難聴」にご注意を

投稿日:2017年6月10日 更新日:

普段から健康に気を使っているつもりでも、思わぬ病気やケガにかかってしまうことは誰しもあり得ることです。

そういう私も、今年の春にある病気にかかってしまいました。

同じような症状になった、もしくは治療中、治ったけど今後も再発には注意していきたいという方のために、その一部始終を紹介していきますので、ご参考になれば幸いです。

朝起きたら、なんとなく耳鳴りがした

まず、病気にかかった時期にどのような生活を送っていたのか説明します。

仕事の関係上、1~3月にかけてすごく忙しい時期を過ごしています。朝の8時から夜の11~12時まで仕事をして、その後に晩御飯(ほぼ夜食?)を食べてから、大好きなお酒も飲んで就寝、という生活が何週間も続いていました。

そんな中、3月の下旬に差し掛かる日の朝、目覚めるとなんとなく耳に違和感を感じました。前日まではなんともありませんでしたので、急に異変が起こった感じです。

痛いわけではないのですが、なんとなく耳が詰まっている感じで、しかも若干耳鳴りがします。聴力が下がっている感じはしませんが、耳の聞こえもいつもと違うような感じがして、明らかに違和感があります。ただしめまいはありませんでした。

そんな違和感を感じたまま仕事に向かったわけなんですが、仕事をしている間もこの違和感はなくならず、部屋の中で響いている機械の音のせいか少し耳鳴りがしたり、音が割れたように響いた感じがします。なんとなく低い音が聞こえにくい、響いて聞こえるような気がします。


すぐに病院に行ったが・・・

これはおかしいな? と感じた私は、仕事を一旦抜け出して、自宅の近所にある耳鼻科の個人医院に行きました。

不安な気持ちのまま待合室で待ち、まずは聴力検査の部屋へ行って検査をしました。

そのあと、先生に検査結果を見てもらった後、「よくある症状だから、これ見ておいて」といわれ、1枚の紙を渡されました。

そこに書かれてあった病名は「急性低音障害型感音難聴」。病気の症状について詳しく書かれてある紙でしたが、そもそも病名の最後に難聴と書いてあったので、不安になりました。

検査結果の結果、低音が聞き取りにくい状態になっていることがわかりました。

「この病気、治りますか?」と質問したら、先生に「処方する薬を飲めば良くなるから」といわれて、診察はほぼ1分で終わり。質問にもほとんど答えてもらえずに、すぐに診察室を部屋を出ました。

あっけにとられながらも、受付の職員から処方せんをもらい、医院を出る時に「経過をみるので、ちょうど一週間後にかならず来院してください」といわれました。

その後医院を出て、すぐ近くにある薬局に行き、薬を数種類もらいました。

不安ながらも、これを飲んでよくなれるなら・・・少し安心しました。


一週間ほど、薬を飲み続けた結果

処方された薬は、神経の炎症を和らげてくれるもので、毎日服用する薬の量が徐々に減っていくようになっていました。

大好きなお酒も一週間は我慢して、薬を飲んで仕事も早く切り上げてすぐに寝るという生活を送りました。

薬を服用しながら過ごす一週間は非常に不安で、本当に聴力が戻るのかとても不安でした。

やはり聴力に違和感があり、特に声が低い人が言っていることが聞き取りにくく、音として認識はできるものの、いったい何をいっているのかと識別することが困難でした。

また、プリンターや遠くで聞こえる工場の機械音が不快に聞こえ、ゴーと響くような耳鳴りがします。

しかも薬を飲んでも一向に治っているような感覚がなく、相変わらず耳の違和感は消えません。

ただ、とにかくこの病気は治るんだと信じて、処方された薬は必ず飲むようにしました。


一週間後の検査結果は・・・

永遠とも思える不安な一週間を過ごし、また同じ医院に検査していきました。

検査結果は聴力が回復しているということでした。

先生のお話では「聴力は回復しているから、もう何もしなくていい」と一言いわれて診察は前回と同じように一瞬で終わりました。

なんとなくまだ違和感があるような気がしましたが、薬も処方されませんでしたので、よくなっているのだろうという安心感が少し芽生えました。


耳の閉そく感と、自分の声が小さく感じる症状が続く

聴力が戻ったと診断されましたが、その後も耳の違和感が消えませんでした。どのような違和感かというと、

  1. 耳が詰まった感じ。耳の閉そく感
  2. 自分の声が小さく聞こえる
  3. 音が響く。大きな音が不快に感じる。高い、低い関わらず機械音が不快に感じる。

以上、三つの症状がその後も続きました。この時点で、急性低音障害型感音難聴の症状が発生してから1週間がたっていました。

この病気は自然治癒の傾向化があり、早ければ数日間で治り、だいたい2~3週間たてば治るのだそうですが、私の場合はこの病気のせいかわかりませんでしたが、上記の症状が続きました。

しかし、めまいや吐き気がない点などから、突発性難聴やメニエール病などの症状ではなさそうです。

どうしても不安になったので、別の個人医院に行くことにしましたが、診断結果は聴力に異常がなく、耳に炎症が起きているわけでもなく、回復しているとのことでした。

私の場合は聴力は回復していたのでよかったのですが、もし急性低音障害型感音難聴にかかってから数週間たっても、聴力が回復しなかった場合は、一生治らない可能性もあるともいわれました。

この診察を受けた時点で、症状発生から2週間が経過していました。いまだに耳に違和感が続いていました。


症状発生から約1か月後、ようやく治った

不安な日々が続きましたが、なるべく規則正しい生活と適度な運動をし、飲酒も控える生活を続けました。

どれでもなかなか良くなった感じがないので、もう一度元の医院にいって、先生に現在の症状を話すことにしました。

聴力の検査をもう一度しましたが、やはり聴力は戻っています。

「原因はわからないので、薬を変えてみましょう」といわれ、精神安定の作用がある薬を処方してもいました。

この時点で、急性低音障害型感音難聴にかかってからすでに3週間ちょっとが経過し、症状の回復の遅さに不安を感じながらも、聞き取りにくさが一生続くのだろうか、完治しないのだろうかというもはやあきらめの気持ちも出てきました。

そして、処方された薬を一週間ほど飲み続けたあと、数日が経ち、症状発生から1カ月ちょっとがたったころ、ようやく症状が治ったという実感がありました。

耳が詰まった感じや、自分の声が小さく聞こえるという症状がなくなったのです。

急性低音障害型感音難聴は治りやすい病気だから心配するなという先生から診断されましたが、想像していた以上に直りが遅かったのすごく不安な1カ月でしたが、結局治すことができました。


男性も急性低音障害型感音難聴になる場合がある

先生の説明では、結婚や出産、育児に関わる若年女性に多い病気ということでしたが、全く関係ない男性である私も急性低音障害型感音難聴にかかりました。

状況によっては、男女関係なくかかる病気だということです。

原因はストレスや過労、体調不良などといわれていますが、はっきりとした原因は不明だそうです。

この病気と疑われる症状が発生した場合は、すぐに病院に行って適切な治療(投薬が多いようです)をしないと、まれに聴力が回復しないケースもあるそうなので、異変を感じたらすぐに病院に行った方が良さそうです。

そして、私のように聴力が治っても、耳の違和感や聞こえが変に感じる症状が1カ月続く場合があることも注意が必要です。

どうしても違和感が続くようであれば、聴力が戻っても、病院の先生に相談して違和感の内容を話してみたほうがいいでしょう。


異変を感じたらすぐ病院へ

普段から病気とは無縁だった私が、忙しい時期が続いたせいか、想像もしていなかった急性低音障害型感音難聴という病気にかかりました。

これは私だけはなく、誰しもがかかる可能性のある病気です。

もし、普段の生活で耳鳴りがしたり、耳が詰まったような感じがしたり、音がいつもより不快に感じる(特に低音)ようなら、我慢せずに病院で診察を受けてください。

急性低音障害型感音難聴は、自然治癒の傾向がある病気といわれているものの「どうせすぐ直るだろう」と放置するのは危険です。

異変を感じたらすぐに病院に行って聴力検査を受け、医師からの診察を受けてください。

普段から規則正しい生活と、なるべくストレスをため込まない生活を心がけていきましょう。








-雑記

執筆者:

関連記事

メモ帳を持ち歩く「インスピレーション」のススメ

インスピレーションが生まれる瞬間って、どんな瞬間ですか? 人それぞれ、インスピレーションが生まれやすい環境は違いますよね。会社に向かって歩いている瞬間、休憩時間にコーヒーを飲んでいる瞬間、スポーツジム …

男性も要注意! 「急性低音障害型感音難聴」とは?

前回の記事で、私が実際に「急性低音障害型感音難聴」にかかったときのことを詳しく書きました。 「急性低音障害型感音難聴」にご注意を 今回は、この病気についてもっと詳しく紹介します。 目次1 急性低音障害 …

個人メディアの始め方【2017年版】

個人メディアという言葉をご存知ですか?   この言葉に辞書のようなはっきりとした定義はまだありませんが、3~4年ほど前からネット上で見かける言葉になりました。   当時は「これから …

女性をデートに誘うなら「ヘルシーな外食」で印象度アップ!

気になる女性をデートに誘い、OKをもらった時の喜びは大きいですよね。 デートに連れていく場所は人それぞれですが、普通に「外食に行く」というパターンが結構多いのではないでしょうか? そんなとき、あなたな …

ノートの代わりにブログを活用して、学習効果と広告収入を両方ゲットする方法

※コンテンツ・プラットフォームの「note」に関する記事ではありません。 「学習するときはノートを使う」 これは学生時代に誰もが実践する学習方法ですね。小学校・中学校・高校に行き、授業を受け、鉛筆と消 …

プロフィール

プロフィール

ばんしー(banshee)というハンドルネームで、ブログやサイト運営、YouTube配信など、自由気ままにやっています。

プロフィールはこちら

お問い合わせはTwitterまでお願いします

SNS

SNSフォローよろしくお願いします

Twitter

Instagram

こちらをクリック

 

YouTube

YouTubeチャンネル運営してます!

みすたーばんしー

Google広告