教育

ECCジュニアの2・3歳児無料体験レッスンに行ってきた感想をまとめました

投稿日:2022年3月18日 更新日:

最近、2歳の娘に英語を学ばせるために、幼児向けの英会話教室に通わせようか検討していました。

小さいころ、とりわけ幼児の段階で英語を親しませておき、将来英語で苦労しないようにさせたい…という親心から、教室を考え始めたのです。

まあ、今後も国際化が進んでいくわけで、日本の教育がどんどん英語のカリキュラムが増えており、英語が必須になるというのは、誰にでも明白。

幼い子どもがいて、早い段階で英語を学ばせたいと思っている親御さんも、多いと思います。

自宅で英語の通信教育で学んではいるが…

もともと自宅で1歳ごろから、通信教育を使った英語教材での勉強をしていました。

2歳を過ぎて、娘が徐々に英語に対して興味を持ち始めてきたので、ネイティブの英語を生で聞きながら、英語で話しかけてもらえるような環境で学んだほうがいいのではないか? と思うようになりました。

両親が英語に習熟しているか、もしくはバイリンガルであれば難なくコミュニケーションを子どもと取れますが、私はネイティブな発音はもちろんのこと、英語の読み書きが出来ないため、子どもに英語を教える以前に自分が学ばなければいけない状態です。

といっても、学んでから教えていては、時間はあっという間に過ぎてしまいます。子どもは瞬く間に成長していってしまいます。これじゃあ教育が追い付かない。

であれば、英語のプロの教師から学んだほうが間違いないし、親も一緒に英語を学ぶことで、家庭学習で子どもに英語を教える機会が増やすことが出来ると考えました。

当然、英語の通信教育が意味が無いと言っているわけではなく、ネイティブの先生と英会話を学んで身に着けていくことで、さらに通信教育の学びをより深めることが期待できると思ったのです。

英会話教室を探した結果、ECCジュニアを選んだ理由

無数にある英会話教室の中で、ECCジュニアを選択した理由はいくつかありました。その理由を紹介します。

①自宅から教室の距離が近かった

まず最初に、自宅からの距離が近かったから。

ECCジュニアといえば、CMを見たことがある人も多いと思いますが、業界最大規模の英会話スクールということもあって、教室の数がかなり多いのが特徴です。

幼児を持つ親にとっては、幼稚園や保育所から終わったあと、自宅へ帰るルートに教室があると、レッスンを受けた後に帰宅するのが非常に楽です。

理想なのは自宅から近いこと。一旦帰宅してから教室に向かうことも可能です。

たまたまECCジュニアの教室が自宅の近くにありましたので、申し込むきっかけとなりました。

②幼児向けの教室が用意されていた

数ある英会話教室の中には、個人で運営しているもの、ECCジュニアのようにフランチャイズ形式で全国規模で運営しているものなど、ピンからキリまであります。

私が住んでいる場所から現実的に通える距離にある個人経営の英会話教室には、幼児向け(2歳以下、幼稚園年少入学前)の教室は受け付けていないというものがいくつかありました。

一方、ECCジュニアのような大手の教室は、幼児向けの英会話教室が用意されているものが多く、幼児からシニアまで幅広い年齢層の人がレッスンを受けることが可能なところがあります。

結局のところ、私が住んでいる田舎の地方都市では、2歳児から通える英会話スクールが通える近所の範囲に無く、結局ECCジュニアしか選択の余地が無かったという理由もあります。

首都圏や大阪・福岡のような大都市中心街に住んでいなければ、同じような環境の方は多いのではないでしょうか。

③サービス内容や料金体系など情報が明確に開示されていた

ECCジュニアに限ったことではないですが、Webサイトに記載されている情報が豊富なので、サービス内容・地域の教室一覧・先生のコメント・料金設定・カリキュラム内容などが詳しく明確に記載されていました。

口コミなどはもちろん外部サイトを確認しなければなりませんが、大まかなサービスに関わる情報はWebサイトから得ることができました。

実際に体験してみなければわからないことが多々ありますが、実際に通い始めたときのイメージや流れはつかめたような気がしました。

ECCジュニアの無料体験レッスンを申し込んでみた

前置きがだいぶ長くなりましたが、実際に資料請求・無料体験レッスンの申し込みをWebサイトからやってみることにしました。

参考までにリンクを張っておきますので、興味のある方は確認してみてください!

https://www.eccjr.co.jp/contactus/

必要事項を入力したうえで、送信した次の日に住んでいる地域のECCジュニアのセンターから電話があり、無料体験レッスンを受ける教室は日にちなどを確認しました。

その後、レッスンを受けたい教室の先生から電話があり、無料体験レッスンを受けたい日付と時間を相談して決まりました。

今回申し込んだECCジュニアの教室の先生は、専業で英会話を教えているわけではなく、別の仕事をしながら兼業という形で英会話を教えているようで、平日であれば夕方以降の方が良さそうな感じでした。私も保育所や仕事の関係で、平日の夕方以降じゃないとレッスンは受けれられないので、ちょうど良かったです。

なので、無料体験レッスンの日付は先生とやり取りをして、ある程度お互いの都合のいい日と探して決められそうだったので、融通がきく印象です。もちろん、その先生によって違うと思いますが、私が申し込んだ教室ではそんな感じでした。

無料体験レッスンを受ける場合は、実際に通い始めたときのことを想定した時間帯で申し込んだほうが良いと思います。

保育所が終わってから直接教室に向かうなら、実際に教室に向かうまでかかる時間、教室が終わってから帰って家につくまでの時間など、シミュレーションしながらイメージできるためです。

無料体験レッスンに行ったら、ECCジュニアのエリアセンター長が教室前で待っていた

無料体験レッスンを受ける日付を先生と相談し、無事に決定したので、当日教室に娘と歩いて向かってみたところ、指定された場所の付近にスーツを着た男性が立っていました…。

電話口での先生は女性だったので、なぜ男性が立っているんだろう…遠くから見ると男性だが、近くで見ると実は女性だった、みたいなパターンか? なんて思いながら恐る恐る近づいていき、あいさつをすると、そのエリアを統括しているECCジュニアのセンター長とのこと。決して怪しい人物ではありませんでした(笑)

他の地域ではわかりませんが、私が申し込んだECCジュニアの無料体験レッスンでは、このセンター長がサービス概要など主に説明してくれました。教室の先生が説明するよりも、金銭面やサービスの細かいところなどは、やはり専門の職員が説明したほうがいいということなのでしょう。

今回体験したECCジュニアの実際の教室は、普通の民家だった

で、センター長との挨拶と名刺交換を済ませ、教室に通されましたが、教室といっても普通の民家でした。それもそのはず、ホームティーチャーという形式をとっており、民家の外にECCジュニアの看板は出ていましたが、看板が無ければ普通に市街地にある古い住宅の一角にしか見えません。

これが全国に教室がたくさんある理由なのでしょう。駅前にある英会話教室などは家賃だの人件費の関係で、教室数や場所は限られますが、自宅を使ったフランチャイズ形式のような業態であれば、低コストで無数に英会話教室が開けます。

なるほどー、こういうところにも英会話教室ってあるんだなーと思いながら、娘を連れて民家の中に入っていくと、アジア系の外国人の女性が待っていました。

電話口でも外国語なまりがある話し方だな、と思っていましたが、やはり海外の方でした。ネイティブな発音が聞けそうで期待度アップ!

教室は民家の2階の6畳くらいの洋室でした。教室の写真などは撮影していないのでお見せできませんが、座卓テーブルがあり、周りにはテレビ、ホワイトボード、教材の本棚などがあり、いかにも英会話教室という感じの雰囲気です。

洋室に通された後は、センター長は部屋の外で待機をして、早速先生による無料体験レッスンが始まりました。時間は実際の教室と同じく40分。

で、ここからが本題。

実際にECCジュニアの無料体験レッスンが始まりました。

最初に断っておきますが、今回受けた対象者の年齢は2歳数か月の女児(というか私の娘)であり、まだ日本語が上手にしゃべれない段階の幼児です。

なので、これから話す内容が、幼稚園年少~年長、小学生の子どもを持つ親御さんの参考になるかわかりませんが、私と同じような2~3歳児のお子さんを持つ親御さんの参考になればと思います。

ECCジュニアの無料体験レッスンがスタート

実際にレッスンが始まると、先生は2歳になる私の娘に英語でご挨拶をしてくれました。

そして「What is your name?」など、簡単な質問をしてくれました。

当然、娘は質問の内容が理解できませんので、じっと先生の顔を見て固まったままです。というか、日本語であなたの名前は何ですか?と質問しても、まだ答えられるか微妙なところですので、英語であればなおさらです。

私は娘を抱っこしながら先生を目の前にしていますので、日本語で話しかけてフォローをしました。日本度で話しかけることについては特に制限されませんでしたので、先生が困らない程度に手助けしたほうがいいかもしれません。

あとは動物のカードを見せながら、動物の名前を教えたり、英語のCDを聞きながら歌ってダンスを先生を披露してくれたり、英語の絵本を読んでくれたりと、おおよそ幼稚園などでも行われているようなふれあいと通した知育的な遊びをしてくれました。

娘は英語を学ぶというよりは、興味のあるものに反応を示したり、先生の真似をして動物の名前を英語で言ったり、日本で言ってみたり、はたまた英語の絵本には全く興味を示さずに別のことをやりはじめたりと、緊張していたのか落ち着きがない様子で、あまり先生の問いかけには集中して聞いている感じはしませんでした。

まだ2歳児なので、それは当たり前のことですが、無料体験レッスンから判断すべきことは、大事なのは英語の雰囲気に慣れそうか、そしてこの先生を信頼して継続的に通えそうかということだと思いました。

1回のレッスンでは、先生の人柄や教育スキルの有無については、おおよそ図ることができませんので、先生から受ける印象はどうか、子どもがなついているかどうかは感じ取れるのではないでしょうか。

私が受けたところのECCジュニアの先生は、アジア系の外国人ですが日本はしっかり話すことができ、ネイティブで英語で話すことができ、明るくニコニコした印象でしたし、娘も自然と抱っこしてもらったりしてなついていたので、とりあえず印象は良かったのかなという感じでした。

レッスン終了後は、センター長からサービスの案内の説明

あっという間に40分間のレッスンが終わり、教室にセンター長が入ってきました。

入会申込書が入った封筒を渡されて、その場でごり押し営業が始まるのか…ということはまったくなく、レッスンの感想を聞かれて、うちの娘へのお褒めの言葉をいただきました。

こちらからの質問として、「レッスンを受ける曜日は決まっているのか」については、基本的に決まっているが、決められている曜日以外で受けたい場合は先生と要相談とのこと。

また、「ワンツーマンのレッスンとグループでのレッスンのどちらが上達しやすいか」という質問に対しては、それはケースバイケースで、受ける子どもにもよるので、どちらでも上達するとのこと。

最後に「月謝は銀行振り込み可能か」については、先生へ現金手渡しとのことでした。

「一週間後に入会をどうするか、確認の電話を入れますので、ご検討をよろしくお願いします」という言葉を頂いて、その日のレッスンは終了しました。

ECCジュニアの無料体験レッスンを受けた感想まとめ

全体的な感想としては、一言で言い表すと「ストレスが無かった」という感じです。

レッスン申し込みから、実際にレッスンを受けるまで非常にスムーズに事が運びましたし、レッスンを受ける日も融通を効かせてもらい、実際にレッスンを受けたときも無理に入会を勧められることもなく、無事にレッスンを受けることができました。

これは私が受けたエリアの教室が良かったのかどうかはわかりません。全国に支部センターがあり、その傘下に教室があるわけなので、全てが同じような印象を受けることはないと思いますが、少なくとも無料体験レッスンから悪い印象を受けることはありませんでした。

無料体験レッスンを受けた程度でサービスの全容を掴むことはできませんが、ネット上の口コミを探すといくらでもネガティブなものが出てきますし、ECCジュニアのホームティーチャーはエリアのセンター長から理不尽なことを言われている! などというマイナスな書き込みも見受けられますが、ECCジュニアのサービスの全てが全て悪いものではないと思います。

お金を払ってサービスを享受する私たちは、わが子の将来の幸せを願って教室に通わせるわけなので、ある程度はネット上の情報を集めて判断したほうがいいに越したことはありませんが、実際に申し込んでレッスンを体験してみないとわからないことがたくさんあります。

私は今回のECCジュニアの無料体験レッスンを受けてみて、良かったと思っています。

この記事を読んでみて、もし同じように受けてみたい方がいたら、ぜひ受けてみてください!

下記にECCジュニアの公式サイトのリンクを張っておきますので、興味のある方は覗いてみてください。

https://www.eccjr.co.jp/







-教育

執筆者:


  1. […] 前回の記事の「ECCジュニアの2・3歳児無料体験レッスンに行ってきた感想をまとめました」の続きとなります。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ECCジュニアの2・3歳児幼児対象の英語・英会話コースに申し込むことにしました

前回の記事の「ECCジュニアの2・3歳児無料体験レッスンに行ってきた感想をまとめました」の続きとなります。 ECCジュニアの2・3歳児無料体験レッスンに行ってきた感想をまとめました   前回、幼児の2 …

プロフィール

プロフィール

ハンドルネーム:ばんしー(banshee)

FX・CFD、株式投資、仮想通貨を中心に金融ブログを書いています。その他にクレジットカードやIT関連、ヘルスケアや障がい者支援など。TwitterとYouTubeもやっています。

Twitter

YouTube → ばんしー

現在利用中の海外FX↓