ばんしーのブログ

マネー情報(投資・金融)、ビジネス、IT関連、ゲーム、YouTubeなど、何でもありな雑記ブログです

クレジットカード

個人用と事業用のクレジットカード作成は、年会費無料から始めよう

投稿日:2017年5月29日 更新日:

事業をされている方、特に個人事業主の方で、クレジットカードを使う場面が多い方も多いのではないでしょうか?

クレジットカード使うと、個人事業ではとても便利です。

クレジットカードの利用明細書に買ったものとその値段、日付が明記されているので、会計作業が非常になります。

そのうえクレジットカードのポイントもたまりますのでいいことづくめですよね。

個人用クレジットカードを事業で使うと会計処理がややこしい

ですが、あまり事業でクレジットカードを利用する機会は少ないからという理由で、手元にある個人用のクレジットカードを利用して決済を済ませてしまうなんて場合もあるかもしれません。

たとえば格安スマホを契約しようと思ったら、クレジットカードでの決済しか受け付けてなかった・・・なんてこともありえます。

すると会計処理がちょっとややこしいですよね。

事業主借だっけ? 事業主貸だっけ? あれれ・・・勘定科目はなんだっけ? という場面は結構あります。

最初はクレジット明細書とレシート、引き落とし口座を照らし合わせながら会計を進めていけますが、使用頻度が増えれば増えるだけ複雑になります。

クレジット明細書を見ると、個人で買ったものと事業で買ったものが入り乱れてしまい、どれがどれだかわからない!なんて事態にもなりかねません。

これを解決する方法があります。

個人用と事業用でクレジットカードを使い分ける

すごくシンプルな答えですが、これはかなり便利です。

個人用と事業用で2つのクレジットカードを用意すればいいのです。簡単ですね!

普段使う個人の財布とは別に、事業用の財布を用意して、そこにクレジットカードを入れて管理します。

事業用にETCカードを持っているのであれば、そちらも一緒にしておくと便利です。

また、現金を扱う機会が少なく、ネットでの決済が中心の事業主の方であれば、その事業用の財布で現金管理をするのもありです。現金出納帳ならぬ、現金出納財布になってしまいますが。

クレジットカードの会社でも、こういった使い方を前提にして、個人と事業の2種類のクレジットカードを用意してくれているところもあります。

アメリカン・エキスプレスがその1社です。法人向け、個人事業主向けにビジネスカードを用意しています。

ちなみに楽天カードにも同じようにビジネスカードが用意されていますが、プレミアムカードの契約が条件となります。

初めは年会費無料のカードを組み合わせるのが基本

個人用と事業用の2種類のカードを用意してくれているクレジットカード会社を選択するのも一つの手なのですが、結構年会費が高い場合があります。

アメックスではビジネスカードだけで10,000円以上しますし、楽天カードの場合はプレミアムカード+ビジネスカードで年会費が約15,000円します。

これ、普通に考えたら高いですよね。その分、限度額が非常に高いのはメリットです。

しかし、クレジットカードだけで年間で10,000円ちょっとの経費が掛かるのです。

事業をされている方の中には、もちろんその程度の年会費は問題なく払える!!! という方もいらっしゃるかもしれませんが、カードの使用頻度はそれほど高くはないし、限度額も低くて構わないとお考えの方も多いと思います。

まだ事業は始めたばかりなので、年会費のかかるクレジットカードを2枚も持ちたくない!という方もいるはずです。

そんな方にオススメなのは、年会費無料のカードを組み合わせるという方法です。

これなら年会費もかからずにクレジットカードを持つことができます。

非常にお得ですね。

Yahoo!JAPANカードと楽天カードの組み合わせがオススメ

数あるクレジットカードの中で、当サイトがオススメする年会費無料のクレジットカードの組み合わせは、

①Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード、ワイジェイカードなどと呼ばれる場合もあります)

②楽天カード

この2つです。

なぜオススメするのか? 理由は3つあります。

①契約した時点で特典ポイントがもらえる

②ポイント還元率が良い点。

③そもそもネットショップサービスを展開しているので、事業に必要なものが手に入りやすい

①について、契約した時点数千ポイントがもらえます。さらにクレジットカードを一度でも利用すればさらに数千ポイントがもらえます。これだけでかなりお得です。

②につて、ポイント還元率の高さでいえば、このYahoo!JAPANカードと楽天カードは業界トップクラスといってもいいでしょう。

ヤフーと楽天、それぞれが展開するサービスを利用していると、ポイント倍率がアップするキャンペーンが実施されているおかげで、7倍くらいまでなら現実的に手に入れることができます。

③については、普段からヤフーと楽天を利用されている方であればもうお分かりですね!

それぞれネットショップのサービスを展開しています。

例えば事業で使う事務用品や通信機材など、または書籍など様々なものを購入する機会が出てきますね。

いつもは実店舗で購入しているのを、ヤフーや楽天で購入するようになれば、さらにポイントがたくさん手に入ります。

また、ヤフーも楽天も通信サービスを展開していますので、スマホとネット光回線も切り替えてしまえば、さらにポイント倍率もアップします。

普段、利用しているものをクレジットカードに切り替えるだけで、どんどんポイントがたまっていきますので、クレジットカードを使えば使うだけお得が増えていきます。

どちらを個人用にするか、事業用にするか

結論をいってしまうと、どちらを選んでも正解です。

ご自身が普段利用しているサービスを踏まえたうえで、選んでしまって問題ないと思います。

強いて申し上げるならば、楽天カードの場合は、楽天e-NAVIといわれる楽天カード会員が利用できる専用サイトにログインでき、利用明細などが詳細に確認できます。

また、きれいに一覧の状態でプリントアウトができますので、事業用クレジットの利用は、楽天カードを使用すると便利です。

 

いかがでしたでしょうか?

クレジットカードは2枚持って使い分けることで非常に便利になります。

なおかつ年会費無料のクレジットカードから始めることで、初期費用を抑えることができます。

限度額が気になるのであれば、年会費有料のカードに切り替えるか、別会社の年会費無料のクレジットカードを増やすことも視野に入ってきます。

いずれにしても、まずは年会費無料のクレジットカードで、一歩ずつ確実な路線で進めてみましょう!

↓↓↓Yahoo!JAPANカードの申し込みはこちら



↓↓↓楽天カードの申し込みはこちら








-クレジットカード

執筆者:

関連記事

楽天ブラックカード取得を目指すなら、まずは楽天カードを取得しよう!

CMでおなじみの楽天カードマン! これは楽天が提供するクレジットカード「楽天カード」のCMですが、ポイント還元率の高さにひかれて保有を決めた方も多いのではないでしょうか? 楽天カードにはいくつかの種類 …

年会費無料クレジットカードである「楽天カード」を個人事業主にオススメする3つの理由

個人事業主の方にとって、クレジットカードはなくてはならない存在です。 事業に必要なもの、サービス(特にウェブ関係)などを契約するためにクレジットカードが必要だったりしますので、円滑に事業活動を進めてい …

楽天ブラックカード取得のためには、楽天への貢献度が試される?

楽天ブラックカードの取得を目指すうえで、おそらくインビテーションが来る条件に関係しているであろう要素。   それは楽天への貢献度です。   抽象的な表現ですが、つまりはどれだけ楽天 …

楽天ブラックカード取得を目指すためにまずやるべきこと

楽天ブラックカードを取得するために必要なこと・・・。根本的には年収を増やす、資産を増やす、支払いをしっかりと守って信用情報を守るなど、上げられると思います。 しかし、現実的にはそう簡単に年収を増やした …

プロフィール

プロフィール

ばんしー(banshee)というハンドルネームで、ブログやサイト運営、YouTube配信など、自由気ままにやっています。

プロフィールはこちら

お問い合わせはTwitterまでお願いします

SNS

SNSフォローよろしくお願いします

Twitter

Instagram

こちらをクリック

 

YouTube

YouTubeチャンネル運営してます!

みすたーばんしー

Google広告