ばんしーのブログ

マネー情報(投資・金融)、ビジネス、IT関連、ゲーム、YouTubeなど、何でもありな雑記ブログです

IT関連

SSL化するときは301リダイレクトの作動を要確認

投稿日:2017年5月27日 更新日:

以前からずっとやらないといけないなと思っていましたが、やっとのことで運営しているサイトをSSL化しました。

ネット上の情報を参考にして、手順を踏んで作業を進めたわけですが、基本的なことを見落としてうっかり失敗につながるところでした。

今回は、現在利用しているエックスサーバーでのSSL化を前提に書いていきます。

大雑把ですが一部始終を書いていきますので、これからSSL化を検討している方の参考になれれば幸いです。

SSL化をしようと思ったわけ

サイトのSSL化を進める理由はサイト運営者それぞれ違います。

セキュリティ体制を万全にしたい、SEO対策に効果があるらしい、とりあえず人に勧められたからなどいろいろあると思います。

私の場合はSEO対策に一定の効果があるとされているため、SSL化をしようと考えました。

これははっきりとした革新が持てるわけではありませんでしたが、Googleの発表やサイト全体がSSL化に向かっている現状を見ながらの決断です。

ですが、当日利用してたロリポップサーバーでは、独自SSL化の料金が割高だったため、導入を見送っていました。

そんなときに知ったのがエックスサーバーの無料独自SSL。

サーバーに追加している独自ドメインであれば自由にSSL化ができる上に、難しい手続きもいらずにワンクリックでできてしまいます。

これってすごいことですよね。無料な上に面倒な手続きはエックスサーバーがしてくれるわけです。

早速エックスサーバーを契約。

テンションが上がりっぱなしで、所有サイトを移行していきました。

もともとHTMLサイトだったものはWordpressサイトに作り替えるなど、サーバー移転と同時に複数の作業を平行。そしてSSL化も実行。時間はかかりましたが数日間で完了させることができました。

検索上位1位だったサイトがGoogleから消えた

苦労の末、サーバー移転とSSL化を完了させ、安堵の息を浮かべながら1週間ちょっと経ったと、事件が発生しました。

なんとGoogleからほぼ全ページが検索結果に表示されくなったのです。

真っ青になりました。なぜ表示をされなくなったのだろう! 明日からどうしよう。

まさにパニック寸前です。原因がわからずにかなり焦りました。

いろいろと原因を調べていくなかで、やはり気がかりだったのはSSL化をする手順でした。

ネット上の情報を参考にしたと先に述べましたが、サイトごと開設されている情報が違っていたため、自分が行った作業内容があっていなかったのだろうかと思いました。

原因は.htaccessと301リダイレクトの不具合だった

多方面から原因を調べていった結果、どうやら.htaccessに記述している301リダイレクトがうまく表記されていなかったためでした。

「うまく表記されていなかった」とは、どういう意味なのかというと、.htaccessの内容が文字化けを起こしていたためにうまく作動しなかったのです。

ではどのようにして文字化けを発見したのか?

それはサーバーにアップロードしている.htaccessをメモ帳で開いてみたときに発見しました。

自分が.htaccessを編集した過程を説明します。

まず、エックスサーバーはサーバーパネル上から.htaccess編集が可能です。これはなかなかの便利機能です。

ネット上の情報を参考にしながら編集作業を行いました。

この.htaccessには主に以下2点が記述されています。

①SSL化に伴うアドレスのリダイレクト(http→https)

②http時の検索エンジン評価を引き継ぐための301リダイレクトの設定

ケースに応じて他にも記述は必要ですが、大まかにはこの2点が重要になります。

これらを記述して.htaccess編集内容を更新すれば、サーバー上に存在する.htaccessファイルが更新されるわけです。

ですが、何らかの原因で、私の場合はサーバー上に存在する.htaccessファイルをメモ帳で開いたところ、中身の記述が文字化けを起こしていました。

エックスサーバー上のサーバーパネルの編集画面では正常に文字が表示されているのに、アップロードされた肝心の.htaccessファイルは文字化けをしていたわけです。

これはエックスサーバー側の不具合なのか、それとも自分のパソコンの不具合なのか原因まではわかりませんでしたが、結果的には301リダイレクトがうまく作動せずに検索エンジンの評価が引き継がれなかった要因だと考えられます。

.htaccessの記述はしっかり確認しよう

原因がわかり、エックスサーバーのサーバーパネル上ではなく、デスクトップ上から直接メモ帳で編集しなおして、サーバーにアップロードしました。

その後、http://ohotuku.jp/redirect_checker/で301リダイレクトがちゃんと作動しているか確認。無事作動していました!

もし原因がわからずに解決できなければ、今まで築き上げてきたものを失うところでした。

安易な気持ちでSSL化をすると、落とし穴がどこかに隠れているかもしれませんので注意が必要です。

重ねて申し上げますが、.htaccessの不具合はエックスサーバーが原因だといっているわけではありません!

ここで言いたいのは、.htaccessファイルは最後まで確認を怠らないこと。そしてエックスサーバーに限らず、サーバーパネル上から.htaccessを編集した場合は、FTPソフトなどで直接サーバーにアクセスしたうえで記述を確認すること。

.htaccessファイルはサイト運営の命運を握る重要な役割を果たしているといえるので、しっかりと確認して取り扱いましょう!







-IT関連

執筆者:

関連記事

アフィリエイト初心者ならロリポップ!レンタルサーバーを選ぶべき3つの理由

アフィリエイトを始めようと考えている方が、いざサイトを作ろうと思った時に、壁にぶつかるのがレンタルサーバーをどれにするのかという悩みではないでしょうか。 一昔前では、無料ブログでサクッとアフィリエイト …

ウェブという宇宙で「個人メディア」が星のように輝く時代へ

昔から、事業を始めるには元手となる資金が必要だと考えられてきました。 お金を準備するのは大変ですし、失敗したときのリスクがでかすぎる・・・。 そんな心配をするのは当たり前ですし、そこまでして事業を始め …

no image

AI・業務自動化 展【秋】は新しい時代を予感させるイベントだと感じた件

AI・業務自動化 展【秋】が、幕張メッセ 4~7ホールで、2017年11月8日(水)~10日(金) 10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)のスケジュールで開催されます。 このイベント、今回 …

Xserverの動作確認URLでWordPressサイトを制作する場合の注意点

こんにちは! 前回の記事で、サーバー移転込みでHTMLからWordpressにサイトを移行する場合の方法に関して紹介しました。 私のケースでは、ロリポップ→Xserverにサーバー移転、なおかつHTM …

【朗報】XserverならWhois情報公開を無料で代行してくれる件

嬉しい事実があったのでご報告します。   XserverならWhois情報公開を無料で代行してくれるということがわかりました!!!   ・・・あれ、知っている人が実は多かったですか …

プロフィール

プロフィール

ばんしー(banshee)というハンドルネームで、ブログやサイト運営、YouTube配信など、自由気ままにやっています。

プロフィールはこちら

お問い合わせはTwitterまでお願いします

SNS

SNSフォローよろしくお願いします

Twitter

Instagram

こちらをクリック

 

YouTube

YouTubeチャンネル運営してます!

みすたーばんしー

Google広告