ばんしーのブログ

マネー情報(投資・金融)、ビジネス、IT関連、ゲーム、YouTubeなど、何でもありな雑記ブログです

コラム

移動平均線とは

投稿日:

公開日: 2017/06/03  最終更新日:2017/06/03

株価の日々の値動きを見てみると、チャートがジグザグになっていて、そのままではトレンドを読み取るというのが非常に困難です。

こういった問題を解決するために、トレンドを読み取るには日々の細かい値動きのジグザグを除去してなだらかにならして、チャートの動きを読み取りやすくする方法があります。

移動平均線といわれており、トレンドを読み取る手法として非常にメジャーな方法です。

これは、日々の株価の時間軸をずらしながら一つずつの単位を合計し、その平均値を線にしていくというものです。

たとえば、一日目が50円、二日目が40円、三日目が30円だとすれば、この時点で平均は 40円。さらに一日たつと、一日目の50円が計算の対象外となり、四日目の60円が採用され、平均値は43円となります。

日々更新される株価から算出される平均値を線で結んでいきます。この線を結び続けることによってなだらかな線になります。

平均値をとる範囲を期間を広げれば広げるほど、線の形状は変化の少ないよりなだらかになっていきます。

この移動平均線が上向きか下向きか、株価の平均値によって方向性がわかります。

トレンドラインのように株価の流れを大局的につかむ面では同じです。

日々株価が上がり、平均値が上がれば上がるほど移動平均線は上向きに向かうので、現在は上昇が続いているということがわかります。総じてこれは上昇トレンドであると分析できます。

ローソク足が移動平均線を突き抜けたり割り込んだりすると

相場を見ていると、ローソク足が移動平均線を突き抜けたり、割り込んだりするタイミングがあります。

これは急騰急落した場面で発生しやすく、つまりそれまでの平均値を大きく覆すほどの大きな値動きがあったということが読み取れます。

トレンドの反転も、こういった移動平均線を超えたり下回ったりするような局面で発生するケースがあります。

この現象はテクニカル分析を進めていくうえで大切なポイントなので、今は理解できなくても、頭の片隅に入れておいてください。

テクニカル分析、とりわけトレンド分析をする場合は、このローソク足と移動平均線の関係性をよく理解することで、相場の予測の精度を上げることができます。









-コラム

執筆者:

関連記事

no image

移動平均線の向きについて

公開日: 2017/06/08  最終更新日:2017/06/08 移動平均線はトレンドを分析するうえで重要な要素ですが、この移動平均線の向きからどのようなことが読み取れるのかを考えていきます。 移動 …

no image

テクニカル分析が短期的な投資に向いている理由

公開日: 2017/05/30  最終更新日:2017/05/30 テクニカル分析は長い間、相場の世界で研究と実践が繰り返されてきました。 機関投資家も個人投資家も、どのような立場にあってもテクニカル …

no image

移動平均線乖離率とは

公開日: 2017/06/16  最終更新日:2017/06/16 移動平均線と株価の間にある特性は、抵抗線だけでなく、株価が移動平均線とかけ離れた方向に動いてくと、やがて吸い寄せられるように戻ってく …

30代を前にしてヒゲを生やすことした理由

もうすぐ30代になる。 人生の節目を前にして、私はヒゲを生やすことにした。   残念ながら毛はそれほど濃くはないほうなので、立派で潤沢なヒゲを蓄えられそうにないが、私にとって意義があることだ …

no image

テクニカル分析とは何か?

公開日: 2017/05/28  最終更新日:2017/05/28 投資におけるテクニカル分析とファンダメンタル分析は、2大分析手法といわれており、株価を予測・分析にしていく手法としては世界的にも幅広 …

プロフィール

プロフィール

ばんしー(banshee)というハンドルネームで、ブログやサイト運営、YouTube配信など、自由気ままにやっています。

プロフィールはこちら

お問い合わせはTwitterまでお願いします

SNS

SNSフォローよろしくお願いします

Twitter

Instagram

こちらをクリック

 

YouTube

YouTubeチャンネル運営してます!

みすたーばんしー

Google広告