ヘルスケア

スポーツジムの会費が高くて払えない方必見!格安でスポーツジムに通う方法

投稿日:2019年10月6日 更新日:

運動を始めたいとは思うけど…

スポーツの秋といわれていますが、会社の健康診断で引っかかってしまって、「やばい!運動して痩せないと大変なことになってしまう!」と頭を抱えて、スポーツジムへ通うことを検討する方が急増していると思っているのは、勝手な私の思い込みでしょうか…。

私の周りにも、実際に健康診断で要注意という結果が出て、慌ててスポーツジムに通い始めた人がいたので、同じような状況に悩んでいる方がきっといると思います。

でも、いざスポーツジムに通おうと思い立ち、近くのスポーツジムのウェブサイトを見てみたが、予想以上に会費が高額であることにがっかりしてしまった…なんてことも十分にあり得ます。

そんなお悩みの方に、低料金でスポーツジムで運動する方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

そもそもジムの会費の相場ってどれくらい?

スポーツジムによってピンキリですが、おおよそ月5,000円~10,000円の会費です。

ただ、健康づくりのためとはいえ、高額な会費を毎月支払うって、スポーツジムに通い続けるのは、経済的にも負担が大きいです。

家族がいる方であれば、家族のためにお金を使わなければなりませんし、もし単なる不摂生のために健康診断で引っかかったのであれば、スポーツジムに通うために家族の理解を得なければなりません。

それでも、高額な会費を払ってスポーツジムに通うことが最善の選択なのか考えなければなりません。

 

「節約のため自宅で運動」はおすすめしません

一方で、スポーツジムに通ってお金をかけず、ウォーキングやランニング、健康器具による自宅で筋トレをするという方も多くいます。

とても経済的な選択ですし、誰でも気軽に始められますが、自宅での運動は正直言って私はオススメしません。

理由としては、マシン器具を使えないため効率的なトレーニングができない、ケガをする可能性がある、続けられないと、個人的には思うからです。

効率的なトレーニングができない理由は、自宅でする筋トレは器具を整える環境がなければ、自重に頼るトレーニングになってしまうためです。ある程度筋力が付けば、ウエイトコントロールをしながらトレーニングをしたほうが筋肉をつけられる場合があります。また、身体の細かな部位を鍛えていくためにも、トレーニングマシンを使ったほうが効率的です。

ケガをする可能性としては、体が出来上がってない運動不足の状態で、硬いコンクリートの上をランニングすれば、ひざを痛めてしまう可能性があります。自分の体を十分に支えられない状態で運動してしまうことになるので、ケガをしてしまう可能性があるのです。無理な自重トレーニングをするよりも、ジムのインストラクターから適切な助言を受けながら、自分のペースで運動したほうが安全です。

続けられないのはそれぞれ個人の根気の部分がありますが、自宅での運動は、どうしても誘惑のせいでマンネリしてしまったり、集中力を欠いてしまったりして続けることができなかったりするケースがあるためです。

自宅での運動は、経済的にいいのですが、健康維持のための運動する環境が整いにくいデメリットがあります。

 

市区町村が運営するトレーニングルームを使え!

スポーツジムの高額な会費を支払わず、そして自宅での運動をせず、低料金でスポーツジムで運動する方法・・・それは市区町村が運営するトレーニングルームを利用するという方法です。

具体的に言うと、自治体(県庁、区市役所、役場など)が運営している運動公園や市民体育館の中にトレーニングルーム(トレーニング室と呼んでいる自治体もあります)という設備が整えられており、一回300~500円くらいで利用できる市民向けのサービスです。

市区町村によって設備に違いがありますが、中には一般的なスポーツジムと変わらないくらいの高度な設備を整えているトレーニングルームも存在します。

例えば、山形県にある山形市総合スポーツセンターのトレーニングルームを例に紹介します。下記リンクにURLを張っておくのでご確認ください!

http://www.yamagatasi-taikyou.jp/shisetsu-1sposen-6trainingroom.html

写真を見ると、身体の各部位を鍛えられるマシン器具が用意されており、ランニングマシン、エアロバイク、ステップマシンなど有酸素運動のための設備、さらにはバーベルを使ったベンチプレスやスクワットができるスミスマシンも用意されています。これだけ見てもスポーツジムと変わらないほどの立派な設備といえます。

室内には常駐でインストラクターが巡回していますので、マシンの使い方や運動に関する質問にも気軽に答えてくれます。

さらには体組成測定ができるIn Body (インボディ) も用意されており、医科学相談では理学療法士の方にスポーツ全般における相談もできます。

このトレーニングルームは、外部のスポーツジム運営会社に委託して山形市体育協会が運営しており、設備も環境もほとんど一般的なスポーツジムと変わらないくらい充実しているのです。

でも、一番驚かされるのは、これだけの設備が整って、一回の利用料金が大人300円です。一か月に10回通っても3000円です。定額制の巣ポールジムに通うより、通った分だけ料金を支払えばいいので、忙しくて月に5回だけしか通わなければ1500円で済みます。無駄もなく、合理的ですね。

これだけの設備が整っていれば、わざわざスポーツジムに通わずとも、トレーニングルームでも十分運動できることをお分かりいただけたと思います!

 

地域のトレーニングルームを探そう!

では、実際にトレーニングルームに通いたいと思ったら、どうすればいいのでしょうか?

まずは住んでいるで自治体が運営している体育館や体育協会をウェブで探してみましょう。

ほとんどの場合、ホームページを開設しているはずですので、そのページを見て利用方法と利用料金、営業時間を確認しましょう。

他の自治体の体育館を調べてみましたが、例として福岡市立博多体育館にも立派なトレーニング室があります↓

https://ssk-hakata-gym.com/training/

一概には言えませんが、大都市になればなるほどトレーニングルームの設備や環境が整っているような気がします。市体育協会など予算が多めに割り当てられているところは、それだけ機器の買い替えやメンテナンスをしっかりしているのでしょう。

 

マナーを守って楽しく健康を手に入れよう!

スポーツジムは公共の場です。それは自治体のトレーニングルームも変わりありません。むやみに大声を挙げたり、汗で汚れたマシンを拭かずにそのままにするといった迷惑行為はダメですよ!

同じ空間に何人もの利用者がいるわけで、お互いに譲り合ったり気を使って運動しています。グループで同じ器具を長時間にわたってスミスマシンを独占するというのもダメです! みんなで仲良く運動することが大事です。

ルールを守り、日々楽しみながら健康的な運動ライフを送ってください!







-ヘルスケア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レス・ミルズのレッスンプログラムがダイエットと筋トレに極めて効果的だった件

ダイエットは、はっきりいって楽しくないですよね。 そう思いながらも、痩せたい!という希望は常にもっていて、でもツライ運動はしたくしないし、食事の量も減らしたくない。   実際に私もそうでした …

レスミルズのボディアタックはダイエットの効果がある?

「レスミルズ」の「ボディアタック」をご存知でしょうか? もしご存知ならば、すでにフィットネスジムやスポーツジムに通っておられるのかもしれません。 または、これからジムに通おうか検討しておられる方も、い …

非定型肺炎にかかったので、病気に関する詳しい情報をまとめました

思いもよらず肺炎にかかってしまいました… こんにちは、ばんしーです。 「失ってみて、初めて分かる健康の有難さ」なんていう言葉を聞いたことがありますが、まさに今回その言葉が身に染みるような出来事がありま …

「急性低音障害型感音難聴」にご注意を

普段から健康に気を使っているつもりでも、思わぬ病気やケガにかかってしまうことは誰しもあり得ることです。 そういう私も、2017年の春にある病気にかかってしまいました。 その病気の名前は、「急性低音障害 …

男性も要注意! 「急性低音障害型感音難聴」とは?

前回の記事で、私が実際に「急性低音障害型感音難聴」にかかったときのことを詳しく書きました。 ↓↓↓ 「急性低音障害型感音難聴」にご注意を 今回は、この病気についてもっと詳しく紹介します。   …

プロフィール

プロフィール

ハンドルネーム:ばんしー(banshee)

マネーブロガー。専門は株式投資で、金融・IT活用・節約・クレジットカードなど記事を書いています。過去に仮想通貨で失敗して破産を経験。兼業でブログ・サイト・YouTubeなど複数のメディアを運営中。

Twitter

YouTube → ばんしー

現在利用中の海外FX↓